介護保険におけるケアマネジャーの役割と重要性

ケアマネージャー(介護支援専門員)は介護保険制度の創設により介護事業者・利用者ともになくてはならない資格になり、また介護保険を担う中心的存在になっています。
この介護保険制度により以前まで行政が利用者に対して措置にて提供されていたサービスがケアマネジメントという形式で一体的、総合的、効率的に提供されるようになりました。これにより、一人ひとりの利用者が本当に自分の希望するサービスを利用できるようになりました。このサービスを中心にサービス調整を行っている専門員をケアマネジャー(介護支援専門員)と呼びます。
ケアマネジャーは介護保険制度のキーポイントになり得る資格です。介護保険がうまく運営されるかはケアマネジャーの手腕にかかっているというほど重要な役割を担っています。
福祉サービスの中でのケアマネジャーの役割は、主に利用者のニーズを充足する為に、介護事業者と連絡調整を図り介護支援計画書(ケアプラン)を作成しサービス調整を行います。 サービスを提供中は、利用者に対してきちんとサービス提供が行われているか、また利用者のニーズが変化していないかなどの再評価(モニタリング)。
こういった仕事を行っていくために、ケアマネジャーは介護保険制度や保健、医療、福祉の4つの分野における専門知識を理解する必要があります。このような理由により受験資格はきちんと業界経験をもった介護事業従事者であることが前提とされています。言い換えるとこの前提に合致する人だけが受験する資格があることになります。

スポンサード リンク

 

ケアマネージャー解答速報/合格基準点
各スクールへのリンク

解答速報と関係のないケアマネ雑学

関連サイト

メニュー