介護支援専門員実務研修前期日程を大解剖!!

前期研修(約5日間)
前期研修では、利用者の自立支援を図るために、ケアマネジャー(介護支援専門員)がケアマネジメントを行う過程において必要とされる視点や専門的知識、技術について学びます。この前期研修は講義中心の研修課程ですが、一部の研修課程については演習を行います。

<詳細>
実務研修 第1日目
介護保険制度の理念と介護支援専門員(講義時間 2時間)
介護保険制度の基本理念・利用者の自立支援を図るための役割や役割・居宅サービス計画等の作成方法、保険給付、給付管理等の関係性についての講義

介護支援サービス(ケアマネジメント)の基本 (講義時間2時間)
介護支援サービスにおけるチームケア、プロセス・居宅介護支援と施設サービス計画について・権利擁護の視点での介護支援専門員の倫理と基本姿勢・身体拘束廃止についてなど

要介護認定等の基礎(講義時間2時間)
要介護認定調査や要介護認定等基準・主治医意見書の理解・要介護認定等に係る認定調査とアセスメントの関連の理解

実務研修 第2日目

介護支援サービス(ケアマネジメント)の基礎技術
・受付・相談と契約(講義時間 1時間)
利用者・家族の要望などの相談を受けた上で、真のニーズを満たすために介護サービス事業者と連絡調整を行いサービス提供を行っていくケアマネジメントの理解  また、利用者の自立的視点に立ちサービス契約をおこなっていく際に、重要事項説明書にて契約を取り交わしていく概要など理解。

・アセスメント、ニーズの把握の方法(講義 2時間、グループワークなど 4時間)
ケアプラン作成前に行われるアセスメントについて、利用者・家族の希望や要望の背景を把握し、理解することの必要性を理解する。また、利用者のニーズを充足するための、コミュニケーションの重要性の理解。

実務研修 第3日目

居宅サービス計画等の作成(講義2時間、演習4時間)
アセスメントの重要性を理解して作成されたケアプランについての演習・グループ討議などの実施。
演習などを通じてインフォーマル・フォーマルサービス資源の活用方法、課題解決の方法、また実際にニーズ充足を図るための技術等についての講義と演習の実施。また、サービス担当者会議についてやモニタリングの方法・ケアプラン作成後のサービス事業者との連携方法の理解・

後期研修に向けてのオリエンテーション (講義1時間)
実際に在宅高齢者に対してケアプラン作成を行っていくうえので留意点や居宅介護支援事業者への連絡方法などをオリエンテーション形式で実施

スポンサード リンク

 

ケアマネージャー解答速報/合格基準点
各スクールへのリンク

解答速報と関係のないケアマネ雑学

関連サイト

メニュー