実習ケアプラン作成を大解剖!!

実習(ケアプラン作成)
実習では、前期研修で学んだ内容に基づき、受講者自らが居宅介護支援事業所の実習協力者(ケアマネジャー)の協力を得て、利用者さん宅に伺い、認定調査、課題分析、社会資源調査及びケアプラン作成を行います。実務研修では、この部分が一番労力がかかり、手間と時間が大変かかります。

 居宅介護支援事業所に連絡
実習では、実際に在宅高齢者のケアプランを作成するため、居宅介護支援事業所に連絡して実習希望を伝えます。 事前に県・市の方から居宅介護支援事業所には、実務研修についての協力要請がでていますので
だいたいの事業所が受けてくれます。

 居宅介護支援事業所のケアマネジャーについて在宅訪問
居宅介護事業所の実習の了承がとれたら、今度は実際にケアマネジャーが担当している利用者宅に伺います。
この時は、担当ケアマネジャーが付き添ってくれる場合もあれば、実習生1人で訪問する場合もあります。

 在宅での利用者へのアセスメント
実際に訪問した利用者に対して、アセスメントを行います。もちろん、初対面ですので利用者を安心されるようなコミュニケーションは必要になってきます。  アセスメントの結果をアセスメント表に記載していきます。

 ケアプラン作成
アセスメントを実施した利用者のケアプラン作成を行います。この時に担当ケアマネジャーの意見をきくと
良いよりケアプランになってきます。 このケアプランは前期研修で学んだ知識を生かしながら作成していきます。

ケアプラン完成後
ケアプラン作成した後は、担当のケアマネジャーに一度確認してもらったり、利用者に見せて意見などを
いただきます。


スポンサード リンク

 

ケアマネージャー解答速報/合格基準点
各スクールへのリンク

解答速報と関係のないケアマネ雑学

関連サイト

メニュー