時代が求める資格!?認知症ケア専門士と福祉資格の関係

1.現在の認知症ケアの位置づけ
現在、高齢化が進む中でひとつの焦点として話題となっているのが認知症の利用者への対応が挙げられます。
現在の福祉資格である「介護福祉士」「介護支援専門員」の試験でも認知症についてサラッと取り上げられていますが、本格的な内容ではないのが実情です。しかし、認知症の高齢者は増加傾向にあります。その中で、認知症ケアに対しての専門的知識を持つことは、介護職、相談業務職においてもよりよりケアを行う上でも欠かせません。また同時に自分の価値の向上につながるのは間違えありません。

2.認知症ケア専門士の早期資格取得をお勧めします!
そんな資格でありますが、現在合格率が50%程度となっています。皆さんもご存じだと思いますが、新しい資格であればあるほど最初は合格率が高めに設定されています。この介護支援専門員資格も最初のあたりは合格率が50%程度でした。ですので、認知症ケア専門士の資格も早い段階で取得することをお勧めします。

3.福祉資格者の受験者が増加中!認知症ケア専門士の受験者って!?
認知症ケア専門士の試験を受験される多くの方が、介護福祉士やヘルパー2級・介護支援専門員などを取得しています。現在の認知症ケア専門士取得者の中で、介護福祉士取得者が12,043人、ついで介護支援専門員を取得されているのは、11,392人、ホームヘルパーが6,822人、看護師が4,772人となっており、その特徴がはっきりとしています。
おそらく、認知症ケア専門士は、もっと自分の介護レベルや認知症のケアのレベルを向上させたいなどの向上心をお持ちの方が挑戦している資格といえます。
今後は、認知症のケアの位置づけは高齢者増加に伴い大変重要な位置をしめてくることが予想され、将来的には認知症ケア専門士の資格は重宝される流れになってくるでしょう。

認知症ケア専門士資格の詳細はコチラ
認知症ケア専門士公式サイト

スポンサード リンク

 

ケアマネージャー解答速報/合格基準点
各スクールへのリンク

解答速報と関係のないケアマネ雑学

関連サイト

メニュー