介護支援分野の出題傾向って?

介護支援分野

1)介護問題と介護保険制度

全体的にこの項目は、選択問題も簡単に選択できるものが多いので点数を稼ぐ上でも絶対に押さえておきたい箇所です。また試験内容的にも介護支援専門員基本テキストでも最も基本的なところで、特に「介護保険制度導入の背景」この項目は介護支援の基礎となる、老人福祉法から介護保険制度が始まるまでの流れを把握することが重要です。過去の試験問題は、①高齢化の進展と高齢者を取り巻く状況の変化②従来の制度の問題点  ③社会保険方式の意義の項目から頻出されています。最近は高齢化の進展や 従来の制度の問題、社会保険方式、介護保険制度の目的や意義などを中心に出題されているようです。

2)介護支援サービス

この項目はケアマネージャーとして業務行っていくうえで基本的なところがでてくる分野です。ケアマネージャーの役割、業務内容、基本姿勢のほか、介護支援サービスが導入される事になった経緯が出題されています。 過去の問題では、ケアマネージャーの基本姿勢が頻出されています。
この項目は、常識的範囲内で選択できる問題もあります。

3)介護保険制度の概要

この項目は介護保険制度の内容が出題されており13の項目に分かれています。①介護保険制度の目的等 ②保険者および国、都道府県の責務等 ③被保険者の出題傾向は、「介護保険制度のしくみ」「介護保険制度における市町村と都道府県の役割」「社会保障の体系や関連する社会保険制度」が頻出されています。特に保険者、被保険者についての問題が毎年出題されている傾向です。④保険給付の手続き・種類・内容  ⑤事業者および施設 ⑥介護保険事業計画 の項目からは、要介護認定のしくみや保険給付の対象範囲、介護給付費の請求手続き内容などの問題が出題されています。  その他では、居宅サービス事業者の指定やケアマネージャーの配置基準、介護保険事業計画も出題されています。この分野は介護保険給付に関する中心的な部分なので幅広くしっかりとした理解が必要です。 ⑦保険財政 ⑧財政安定化基金等 ⑨国民健康保険団体連合会の介護保険事業関係業務 ⑩審査請求などの出題傾向としてあまり出題はありません。毎年1問から2問だされる中で保険財政における第1号・第2号被保険者の負担割合、調整交付金、財政安定化基金からの貸付、都道府県の財政安定化基金や審査判定業務に関してからよく出題される他、国保連の業務として苦情処理に関する問題も入ってきています。この分野は介護保険法改正から出題される事もあるため、制度改革についても把握しておく必要があります。

4)要介護・要支援認定

この項目の出題傾向は、ケアマネージャーの役割や業務・要介護認定に関する市町村や主治医・介護認定審査会・要介護認定の有効期間・認定調査や特定疾患・要介護状態の定義・などの出題が見られます。 この分野からの出題は多く、例年5問くらい出題されています。この分野はケアマネージャーの実務で必要な知識ですのでしっかりと覚える必要があります。

5)居宅介護支援

この項目は介護支援サービスの定義位置づけ、基本的理念、意義等、ケアマネージャーの業務に関連してくるのでとっても大切な箇所なりますので出題数がもっとも多く、この区分からは毎年10問ほどが出題されています。この項目では、居宅サービス事業者の調整・ケアプラン作成など業務詳細も理解が必要です。 「介護支援サービス(ケアマネジメント)方法論」では、居宅介護支援の課題分析(アセスメント)、生活課題(ニーズ)、モニタリングなどが主となり出題されています。近年の出題傾向としては、既往歴、要介護状態区分や利用者年齢などの事例をあげた問題が頻出され、この項目での出題は毎年4問前後となっています。

スポンサード リンク

 

ケアマネージャー解答速報/合格基準点
各スクールへのリンク

解答速報と関係のないケアマネ雑学

関連サイト

メニュー