福祉サービス分野の出題傾向って?

福祉サービス分野

1)高齢者援助技術の基礎知識

高齢者支援展開論の中の「福祉編」と「臨死編」では、ケースワークやグループワーク、コミュニティワーク、ターミナルケアの技術などが主となります。相談業務の基礎知識・技術が問われます。ソーシャルワークの基本理念や基本技術、ソーシャルワーカーの活動・姿勢、ソーシャルワークの目標などを理解できれば必ず点がとれる箇所です。よくでる出題項目としてソーシャルワークグループ、インテーク面接、コミュニティワーク、援助困難事例への対応、利用者の個人情報管理、高齢者虐待などがあります。

 

2)福祉サービスの知識

「高齢者支援展開論」では介護保険制度と関連する社会資源やサービスに関することが主となっており、毎年1~3問が出題されます。よく出題される項目にフォーマルサービスとインフォーマルサポート、成年後見制度、地域福祉権利擁護事業などがあり、ほかには在宅介護支援センターとの連携、介護予防・地域支え合い事業、生活保護と介護保険の関連などがよく出題されます。

スポンサード リンク

 

ケアマネージャー解答速報/合格基準点
各スクールへのリンク

解答速報と関係のないケアマネ雑学

関連サイト

メニュー